イベント

中部ユーロチャレンジ第3戦

10月30日、スパ西浦モーターパークにて中部ユーロチャレンジ第3戦(最終戦)が行われました。
涼しくなり、サーキット走行にはもってこいのこの季節。多数の参加を期待していたのですが・・・
WTCC岡山をはじめ、この日はツーリングやイベントがかさなってしまい分散!
ロータス以外は少し寂しい台数となってしまいました。残念・・・

だが、エントラントは熱い! 均衡するドライバー同士のライバル対決が予選から覗えました。
一年間(とはいえ今年は3戦ですが・・・)エントリーしていると、やはりライバル成る者が出てくる。
彼には勝ちたいと・・・

今回観る側から勝手に推測すると、

BMW2000はごとう選手と鵜飼選手
ユーロ2000はアルファの稲垣選手とプジョーの小川選手
ユーロオープンはBMW135iの小山選手とBMWM3の高橋選手
ロータスクラスはRクラスが熱い、米本選手、長谷川選手、横井選手、臼井選手あたりが均衡している。
ロータスSクラスは鬼頭選手が少し抜き出てる感はあるが、道下選手、水谷選手、神野選手もスキあらばと背後を覗っている感が伝わってくる。

もちろんトップ争い以外でも熱いバトルが随所であります。
観戦のみでも、レースを見る+情報収集でもっとおもしろく観ることができます。
参加できる車両をお持ちの方は、是非参加してみてください。
自信がなくてもコソ練すれば大丈夫ですから。
みんなで楽しくあそびましょう。

午前のフリー走行と予選は天候もよく、人も車もベストコンディションの中、行われました。

天気予報では雨、午前中はとてもそのような雰囲気はなかったのですが、午後になると黒い雲が一面を覆う。
ドライとウエットでは感じがまるで違ったりする。
非力な車が時として有利に働くこともある。
特にタイヤ。ドライ路面ではすばらしい性能を発揮するSタイヤが諸刃の剣になり、ラジアルタイヤのほうが乗りやすく速い場合も・・・

まずはBMW、ユーロ2000の混走レースから。
路面はまだドライ。
BMW2000Sは予選2位の鵜飼選手が優勝!ベストラップは2位に甘んじたごとう選手
BMW2000Rの優勝は安定したラップで杉本選手
ユーロ2000は稲垣選手が逃げ切った。

続くユーロオープンのころにはすでにウエット状態に・・・
残念なことに高橋選手のBMWM3がマシントラブル、
小山選手が自身の135iを提供、高橋選手が決勝で快走。まさにブッチギリだが、2台のバトルが見たかった・・・

続くはロータスクラス!
13台いるとグリッドは華やぐ。しかし雨、特性上雨は決して得意ではないロータス。
このウエット路面ではSタイヤとRタイヤどちらが有利とかは関係なさげである。
スタートが決まったのはポールポジションの鬼頭選手!ホールショットを決める!
続くは3番手スタートの長谷川選手。そこから後ろは大混戦!スリーワイド?フォーワイド?
で1コーナーへなだれ込む。
ウエット路面なので様子をうかがいながら、のはずなのだが皆攻める攻める。
ところどころで抜きつぬかれつを展開。ギャラリーの方も楽しめたのでは?
結果はSクラスは鬼頭選手のポールtoウイン 2連勝!!!
Rクラスは長谷川選手をかわし、ファステストラップを出して追い上げた米本選手も2連勝!

参加いただきました皆様、また観戦におこしいただきました皆様、ありがとうございました。
初年度ということでいろいろと不手際等あったかと思います。
クラス編成やコースの台数の平均化等、今後見直すところも多々あり、2年目にむけて
改善し、活気のある、楽しい一日になるにはといろいろ考えております。
日程、回数等いまのところ未定ですが、来年度も是非お付き合いいただけます様よろしくお願いいたします。